私の留学体験記

私は、高校2年の5月から高校3年の夏にかけ、約1年間、オーストラリアのワンガラタというメルボルン郊外の牧場地へ留学しました。民間の留学団体を通したため、費用は100万円前後だったと記憶しています。
高校時代、洋楽や海外のテレビドラマが好きだった私は両親を説得した末、留学することができました。当初、英語があまり話せなかった私は最初の3カ月は学校の授業の内容もほとんど理解できず、ホームステイ先の家族との文化の違いもあり、毎日泣いて過ごしました。ところが、4ヶ月が経った頃から、気づけば会話が理解できるようになっていました。食生活や文化の違いにも、徐々に慣れ始め、毎日が楽しくなってきました。そこからは、あっという間に月日が経ち、友達やホームステイ先の家族に惜しまれながら帰国しました。帰国後は、大学受験まで、一年をきっていたので、すぐにTOEICの勉強を始め、数回受験しました。留学前は450点程だったスコアは750点に上がっていました。そのスコアと英語による面接で、憧れていた外語大学に無事入学できました。今でもホストファミリーとは連絡をとりあっています。