留学は就職に有利か

就職活動の話が本格的になり始めてくると、気になるのが留学経験について。よく話のタネにはなると言われていますが、実際は困ることも多いので履歴書などに書く時は気をつけたほうが良さそうです。
長期留学を行っていた場合は、積極的にアピールしていった方が良いでしょう。何故ならば、外国語に力を入れている企業に対して面接などで流暢な英語を話せば、かなりのポイントアップに繋がるからです。逆に、留学したものの英語にそこまで自信が持てない場合は下手に言わない方が良さそうです。どうしても、履歴書に珍しいことを書くと突っ込まれてしまいますから。
短期留学の場合は、留学を決めた理由によほどの自信が持てない時はアピールしない方がいいでしょう。履歴書に書いてみて、いざ面接で聞かれた時に対してアピールが出来ないと、なんとなく行った、というマイナスイメージをつけられてしまう可能性があります。
どちらにせよ、理由がしっかりしている場合は積極的にアピールしていった方が、間違いなくプラスになってくれるでしょう。